おすすめ投稿

乳幼児の身体計測ー1 体重/身長

♠ 乳幼児の身体計測の方法 ♠

身長と体重は測定が比較的容易なため、身体発育の指標と
して活用されることが多いですが、正確に測定することが重要です。

〈出展: 厚生労働省・児童家庭局 乳幼児身体発育調査報告〉

■ 補足説明

母性看護技術における新生児の身体測定のうち、身長・体重・頭囲・胸囲の測定についての方法・手順・注意点等を解説します。出生時に身体測定を実施することで、母体内での発育状態や、その後の発育状態を評価する基準になります。また、異常の予測や早期発見も期待できます。

「新生児の身体計測」必要物品

体重計
手袋
メジャー
アルコール綿
記録用紙
筆記用具
掛け物
体温計
心拍計
オリーブオイル (直腸式体温測定の際の潤滑剤として使用)
ストップウォッチ
オリーブオイル
「新生児の身体計測」環境調整

※新生児の身体計測は、明るく静かで落ち着いた環境でおこなう
※室温は、24度から26度にする

⇒出生直後の新生児は、低体温になりやすいため、すき間風や人の出入りによる空気の
流れ、不必要な露出を避け、室温を高めにします。

※インファントウォーマーで行う場合は、あらかじめ加温しておきます。

「新生児の身体計測」実施前準備

(1)衛生学的手洗いをし、手袋を着ける

(2)器具は事前にアルコール綿で消毒しておく

(3)在胎週数・妊娠中や分娩中の経過・出生時の状況など母親と新生児の情報を収集する


 

1 体重測定

(1)体重計を水平に設置して、薄布を敷き、風袋でゼロ点を合わせる

(2)新生児を全裸にし、片方の手で、頭と首の後ろを支える

・後頚部(こうけいぶ)を包むように支える

(3)もう一方の手の親指で、脚の付け根を、残りの4本でお尻を包むように支える

・親指と人差し指で脚の付け根を包むようにし、4本の指で下から臀部を支える

(4)体重計のゼロ点を確認する

(5)お尻から静かに降ろす

(6)新生児が転落しないよう、すぐに支えられる位置で両手をかざす

・手が体重計に触れないように注意する

(7)測定値を読み取る

(8)後頭部と臀部を支えて抱き上げ、コットにもどす


2 身長測定

</p>

〈出展: 厚生労働省・児童家庭局 乳幼児身体発育調査報告〉

■ 補足説明

身長  実施手順

「立位測定できない2歳未満の新生児の身長測定」

(1)身長計の足版を広げ、薄布を敷く

(2)新生児を裸にし、片方の手で、頭と首の後ろを支える

(3)もう一方の手の親指で、脚の付け根を、残りの4本で臀部を包むように支える

・親指と人差し指で脚の付け根を挟むようにし、4本の指で下から包むようにお尻を支える

(4)計測者は、新生児の頭が固定板に垂直になるようにつける

・このとき、赤ちゃんの両手を上げながら、頭を固定すると安定する

(5)測定者は、新生児の体をまっすぐに伸ばし、両ひざの関節を上から軽く押さえて固定する

・このとき、股関節の過外転などを防ぐため、ひざを伸ばしすぎないように注意する

(6)赤ちゃんの足裏に足板を当て、測定値を読み取る

 

ビタミンCの効果的な摂取方法

 

■ ビタミンCの働き

  • 免疫力を高める
  • 酵素の働きを高める
  • コラーゲンの生成を促す
  • 糖の代謝を助ける
  • カルシュウムの吸収と代謝を高める
  • 鉄の吸収を高める
  • アミノ酸の代謝を高める
  • 肝臓の解毒作用を高める
  • ステロイドホルモンの生成を促す
  • メラニン色素の生成を抑制し、還元作用によってシミを無色化する2つの美肌作用

 

■ ビタミンCの消化・吸収・代謝

ビタミンCは経口から取り入れるとおもに小腸で吸収されます。

小腸で吸収されなかった分は大腸に送られ腸内細菌のバランスをとる働きをします。

小腸で吸収された分は全身に配られ各組織に蓄えられます。

余剰分は尿中に排出され、尿道や膀胱の感染症を防ぐ働きをします。

 

 

 

■ ビタミンCは体内で酸化と還元を繰り返している

強力な抗酸化作用を持ち、酸化防止剤としても使われているビタミンCはすべての生物の生命活動に欠かすことができない重要な栄養素です。

ビタミンCは酸化されてビタミンとしての効力を失うと、酵素によって還元され再び効力を取り戻します。

ビタミンCは生物の生体内でこのような酸化と還元を繰り返しながら、さまざまな働きを担い生命活動を支えています。

 

酸化されたビタミンC(L-デヒドロアスコルビン酸 )は中性またはアルカリ性の状況下で水に触れるとたちまち加水分解されて 2,3-ジケトグロン酸(DKG)に変換され、変換されたビタミンCはビタミンとしての効力が失われて、再び酸化型のビタミンC(L-デヒドロアスコルビン酸 )や還元型のビタミンC(L-アスコルビン酸 )の状態に戻ることはありません。

 

しかし、生体内の組織や臓器では酸化されたビタミンC(L-デヒドロアスコルビン酸 )はタンパク質に保護されているため加水分解は起こらず、酸化された状態の L-デヒドロアスコルビン酸 はモノデヒドロアスコルビン酸レダクターゼやグルタチオン、デヒドロアスコルビン酸レダクターゼのような酵素によって還元され、元の状態のビタミンC(アスコルビン酸)に再生されます。

生物の生体内ではビタミンCの95パーセントが酵素によって還元された状態で存在しています。

 

還元されたビタミンCは元のビタミンCと同じ効力がありますから、酸化と還元を繰り返すこのようなサイクルによって再生されながら抗酸化作用の働きを示しています。

 

放射能を与えたビタミンC(L-アスコルビン酸)を人体に投与し追跡した調査では、ビタミンCの半減期は16日であったと報告されています。
ビタミンCの半減期とは血漿中の値がその濃度の半分に下がるまでの時間です。

 

■ 1日に必要なビタミンCの量は・・?

 

健康を維持するためには1日に800mg 以上、美容を維持するためには1000mg 〜5000mg 程度のビタミンCが必要といわれています。

一度にたくさん取り込んでも、使われないビタミンCは2〜3時間で排泄されるというイメージがあります。

ところが通常、取り込まれたビタミンCは身体内の各組織に貯蔵されており、必要に応じて消費できるように待機しています。

 

ビタミンCの体内貯蔵量が少なくなってくると、生命維持のために優先的に消費され、体内貯蔵量がそれぞれの組織に十分蓄えられているときは、さまざまな作用が十分稼働できるようになります。

 

ビタミンCを飲んだ場合、一部は消化器官で分解されますが、ほとんどが血液中や組織に蓄積されて、ビタミンCを補酵素とする代謝を高める働きをしています。

 

ビタミンCは特定の臓器に集まる傾向があります。

 

 

ビタミンCが集まっている臓器や組織はビタミンCの消費が大きく、ビタミンCが不足すると十分な働きができないといえます。

ビタミンCを制限した食事を続けるとおよそ半年後に壊血病を発症すると言われています。

 

■ サプリメントでビタミンCを摂りいれる

 

食事からビタミンCを摂り入れている成人の場合 ・・・体内貯蔵量は約1500mg

サプリメントでビタミンCを摂り入れている成人の場合・・・体内貯蔵量は約4500mg

であることがわかっています。

 

人工的に合成されたビタミン剤は天然の食物が持っているビタミンと似ているようでまったく違った物質です。

ヒトの身体は数百万年前から天然のビタミンを受け入れることができるように進化してきました。

しかし、ビタミン剤は近年になって人工的に合成されるようになった薬剤です。

しかも製薬会社の利益を追求するために特許取得の必要から、あえて天然のビタミンと構造を変えてあります。

したがってビタミン剤もその他の薬剤も人体には異物として扱われ、処理されます。

ところがビタミンCだけは他のビタミン剤と違い、天然のものも人工的に合成されたものも、全く同じ構造式を持っています。

ビタミンCに限っては天然のものも合成されたものも変わらないと考えて差し支えないでしょう。

 

ただし、サプリメントで摂取する場合、天然と比べてはるかに大量に摂取できますから、やはり摂り過ぎには注意が必要でしょう。

 

■ ビタミンCの吸収率

ビタミンCの吸収率はタイミングや摂取量によって違ってきます。

①  ビタミンC1000mg の吸収率

空腹時に摂取した場合・・・20〜50パーセント(平均して34パーセント)吸収されます。

食後に摂取した場合・・・45〜60パーセント(平均して52パーセント)吸収されます。

 

②  一回の摂取量と吸収率の関係

・ビタミンCは食後の方が吸収されやすい

・一度にたくさん摂取するよりも一日分を数回に分けて摂るほうが吸収されやすい